専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに

What’s best about IPPON ICHIE 逸本一会のご紹介

  • point1高く評価されるソムリエの目
    5人の経験豊富なソムリエが一本一本吟味した最高の味と香りのワインを、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、南アフリカ、ギリシャの銘醸地域からお届けします。
  • point2こだわりある 豊富な品揃え
    30年以上の実績に裏打ちされたワイン選び・品揃えで「あなたのワイン」選びのお役に立ちます。
  • point3一人ひとりのワインへの思いを大切に
    温度・湿度など24時間体制で管理された専用倉庫でワインを保管。思いのこもった大切な「あなたのワイン」を常に最高の状態でお届けします。

お知らせ

IPPON ICHIE に会員登録いただけるのは、JSRグループ関係者、および関係者より紹介を受けた方です。
ご登録の際は、「紹介者名」を明記してください。その他の方は、会員登録をせずにお買い物をお楽しみください。
(関係者以外が会員登録された場合、登録を無効化させていただく場合があります。ご了承ください。)

[2020.11.19]

逸本一会YouTubeチャンネル開設しました

ワインの選び方や楽しみ方、不思議に思っていることなどを逸本一会の専属ソムリエがやさしくご紹介。ぜひご覧ください。
>> 逸本一会YouTubeチャンネル

IPPON ICHIE ワインの定期販売 Start! 詳しくはこちら

備えて安心防災グッズ 詳しくはこちら

ワイナリー・生産者紹介

専属ワインアドバイザーが厳選したワインをあなたに
 

トップ > ワイナリー・生産者紹介 > ミヤルスト・ワイナリー(南ア)

ワイナリー・生産者紹介

ミヤルスト・ワイナリー>>公式サイトはこちら

南アフリカで最も伝統あるワイナリー

300年の歴史を誇る名家、Myburgh家が1756年からワインを造りはじめ、現在で8代目。ワールドクラスワインの生産者としてその名声は広く、イギリスやフランスをはじめヨーロッパ各国、アメリカ、カナダにいたるまで、多くの愛飲家に楽しまれています。

Messages From Supplier ワイナリー・生産者のメッセージ

ミヤルストのファインワイン造りは、8世代続く伝統あるMyburghファミリーによって1756年に始まりました。長年に渡って世界クラスのワインを生産することで知られているミヤルストは、南アフリカのワイン土壌の中心にあるステレンボッシュの南15Kmに所在しています。

この土地の最初の所有者は、ドイツ移民のHenning Huisingで、農場の美しさと潜在的可能性に気が付き、1693年に定住しました。彼は、新発見のその場所を“海の喜び”を意味する“ミヤルスト”と名付けました。フォールス湾からわずか5kmの花崗岩が露出した場所にあり、夏の暖かい季節は、海風と、海岸から流れ込む夕方の霧によってブドウ畑がリフレッシュされます。

何世紀にも渡って、訪問者は、やしと樫の木の並木道に沿った門を通り過ぎたところにある涼しく白い外観の邸宅をみることを期待しました。今日では、最も貴重な邸宅と敷地に辿り着いたという感覚は、ここが名誉あるミヤルストワインのブドウを育てる場所であるという認識が広まったことにより向上しています。

所有者-  HANNES MYBURGHについて
1988年2月、Hannes Myburghはミヤルストの後継人として父親の後を引き継ぎました。彼は農園の11代目の所有者であり、8世代目の代表です。
醸造責任者のGiorgio Dalla Ciaがミヤルストで25年務めリタイアした2004年、彼の下でアシスタントワインメーカーとして5年過ごしたクリスが醸造を引き継ぎました。

哲学
“ミヤルストでは、私達のブドウ園の固有の特性を生かすこと、土壌の多様性と複雑性、ユニークな湾岸のマクロクリマ、ワインの特性ブドウ栽培学の歴史に力を入れることを理念としています。最も重要なことは、私達のワインがその起源と特性において本物であるということです。年々、私達のワインは、さらに特徴的で複雑になっていると感じています。果実に期待を課すのでなく、テロワールによって導かれるのがミヤルストです。

JSRトレーディング
ミヤルストは、2006年から長期に渡り素晴らしい関係をJSRトレーディングと構築しており、これからも日本のマーケットで一緒に活躍できることを楽しみにしています。

メッセージを原語で読む

Growing fine wines on the Meerlust Estate has been part of the Myburgh family tradition for eight generations, beginning in 1756. Long recognized for producing world-class wines Meerlust is situated fifteen kilometres south of Stellenbosch in the heart of South Africa’s winelands.

 The first owner of the property, a German immigrant named Henning Huising, recognized the beauty and potential of the farm and settled here in 1693. He named his new-found home “Meerlust”, meaning “pleasure of the sea”, as the manor house sits on a granite outcrop only 5 km from False Bay, and in the warm summers months the vineyards are refreshed by ocean breezes and evening mists which roll in from the coast.

Visitors to the Estate have for centuries anticipated seeing the cool, white façade of the Manor House as they passed through the gates along the palm and oak tree-lined drive. Today, that sense of having arrived at a most treasured home and estate is enhanced by the knowledge that here grow the grapes of the prized Meerlust wines.

OWNER - HANNES MYBURGH
In February 1988, Hannes Myburgh succeeded his father as custodian of Meerlust, He was the estate’s eleventh owner and represented the eighth generation
After spending five years as assistant wine maker to Cellar Master Giorgio Dalla Cia, Chris took over the reins in 2004 when Giorgio retired after twenty five years at Meerlust.

PHILOSOPHY
“At Meerlust, it is our philosophy to capture the intrinsic character of our vineyards, the diversity and complexity of our soils, the unique coastal macro climate and our viticultural history in the character of the wine. It is of utmost importance that our wines are true to their provenance and authentic in their character. Every year we see our wines becoming ever more idiosyncratic and complex. We do not impose our own expectations on the fruit, we are guided by the terroir that is Meerlust”.

JSR TRADING
Meerlust has had a long and excellent relationship with JSR trading commencing in 2006 and we look forward to working together in the Japanese market for many years to come.

この生産者のワインを見る